CATEGORY

相続

☆相続した利用価値の低い土地を手放すことは非常に難しい

どうする?いらない土地の相続 地方に一人で住んでいる親御さんが亡くなり、相続が発生した時に相続財産の中に住む予定もない自分にとって不要な土地が含まれる場合もあります。都心に生活の拠点がある相続人にとって、田舎の土地の相続が大きな問題になることはめずらしくありません。不要な土地であっても、相続すれば持っているだけで毎年、固定資産税が課されます。ご実家を相続しても、ご自身にとっては不要で、できれば手放 […]

☆ご自身が保有している金融資産の総額はいくら?

金融資産の可視化の勧め  親御さんが亡くなった後に、亡くなられた方の金融資産の整理をする中で、銀行預金や生命保険等の金融資産がどこに、どれくらいあるのか、分からなくて困ったという話しを時々耳にします。金融資産には、現金や銀行の普通預金や定期預金の他に、株式、社債や国債等の債券、投資信託、生命保険、商品券や小切手などがあります。昔でしたら金庫に無造作に入れておいても、遺されたご家族が金庫を開けて確認 […]

☆「家族信託」「成年後見制度」「任意後見制度」に直面する前の備え。

「家族信託」「成年後見制度」「任意後見制度」に直面する前の備え。    親から子供たちへの相続・資産承継は、誰もがイメージしていなければならないことです。       しかしながら、実際には毎日の暮らしや会社運営、資産管理に追われ、計画的な「資産承継」はされていらっしゃらない方がほとんどではないでしょうか?        […]

☆相続人の協議による遺産分割協議書

相続人の協議による遺産分割協議書  次は、『遺言書』が残されていない場合、相続人の協議により、遺産分割協議書をまとめ、この相続人の合意に基づいて、相続が進められます。  いずれの場合も、相続手続きを進めるためには、「相続人」「相続財産」の調査、確認が必要となり、相続人の負担となっています。この調査後、特別受益者・寄与分権利者の存在が明らかになった場合など、相続の確定に時間を要する場合も多々あります […]

☆どうする?相続税が払えない(1)

相続が発生して相続税の支払いが必要になった場合でも、その相続税を払えないケースがあります。どのような場合に相続税が払えなくなるのでしょうか?多く見られるケースは「相続財産の中に相続税を支払うだけの現預金がない」、「遺産分割がまとまらず預金が凍結されたままである」の二つです。相続税は相続が発生したことを知った翌日から10か月以内に申告・納税することが定められています。しかも期限内に納付しなければ、延 […]

☆扶養家族の条件について

扶養家族の条件について  ご家庭において世帯主が主たる納税者で家族が扶養になっていて、扶養家族がパートやアルバイトで収入がある場合に気になるのが扶養の条件です。しかも、扶養の条件は社会保険上と所得税法で違いがあるために多く人が混乱する原因になっていますので、今回は扶養について整理してみます。まず、所得税上の扶養の範囲について説明しますが、その前に、多くの方が迷う所得税法の用語に『収入』と『所得』が […]

>グッドプランナーズ行政書士事務所

グッドプランナーズ行政書士事務所

「あなたの街の法律家」として、地域で起こる問題を他の専門家とも連携して、「相談」から「解決」までのワンストップサービスを目指しています。                       ➡ 相談予約電話 0426-73-3187 電話相談専用電話 0426-73-3223             

CTR IMG