CATEGORY

マンション管理組合コンサルティング

☆マンション管理規約は大丈夫ですか?

 マンションの管理規約は全ての住民が快適に生活できるように、区分所有法に基づいて建物の使い方や権利のルールなどを定めたものです。 マンションの分譲時に管理会社が中心になり作成している場合が多いですが、時代の変化に伴う生活様式の移り変わりにより管理組合は適宜、規約内容を見直し改正する必要があります。あるいは管理会社に任せっきりにしている場合は管理会社に有利な規約になっていないか見直すことも必要です。 […]

☆「長期修繕計画」不確定な要素を含んでいるためにおおむね5年程度ごとに見直が必要

 国土交通省が公表しているマンション標準管理規約の中で、建物を長期にわたって良好に維持・管理していくために計画期間を25年程度以上(新築時は30年程度) とした長期修繕計画の作成が必要としています。長期修繕計画に将来(計画的に) 見込まれる修繕工事及び改修工事の内容や時期、概算の費用を見込むことで、計画修繕工事を実施するために積み立てる修繕積立金の額の根拠も明確になります。    しかし、建物や設 […]

☆マンションの建替え時期?

マンションの建替え時期について、どう考えたらいいでしょうか?  マンションの寿命は日頃のメンテナンスで大きく左右されるので一概に何年とは言えませんが、税法上マンションは47年で減価償却が終わるので、そのタイミングで建替えるという考え方もあります。その他に建替えを考えなければいけないポイントは大きく分けて二つあります。    一つは耐震面です。「旧耐震基準」(1981年5月31日までの建築確認におい […]

☆管理規約の見直しを適宜行う必要性が高まっています。 

        マンションの管理規約は全ての住民が快適に生活できるように、区分所有法に基づいて建物の使い方や権利のルールなどを定めたものです。  マンションの分譲時に管理会社が中心になり作成している場合が多いですが、時代の変化に伴う生活様式の移り変わりにより管理組合は適宜、規約内容を見直し改正する必要があります。あるいは管理会社に任せっきりにしている場合は管理会社に有利な規約になっていないか見直す […]

☆どうする?マンションの修繕積立金が足りない!①

どうする?マンションの修繕積立金が足りない!①  マンション選びの中で、修繕積立金が安いという理由で購入された方も多いと思います。本来であれば、修繕積立金は大規模修繕計画に基づいて合理的な金額を設定しなければなりません。  しかしながら、マンションを建てたデベロッパーが各部屋の販売を容易にするために修繕積立金の額を低く設定している例も少なくありません。建築後、年数の経過とともに建物や設備に不具合が […]

☆マンションリフォームで改修できる範囲は?

マンションリフォームで改修できる範囲は? 分譲マンションなどの区分所有建物には、専有部分と共用部分があります。専有部分とは区分所有者が単独で所有している部分をいいます。専有部分は所有者が自由に改修(リフォーム)を行うことができますが、共用部分は管理組合が修繕を行う必要があります。マンションの専有部分は、〇〇〇号室として区切られた躯体の壁や床、天井の内側の空間です。専有部分と共用部分の定義は意外とわ […]

☆マンション内で発生する3大トラブルとは? ①

マンション内で発生する3大トラブルとは? ①  国土交通省「マンション総合調査」平成30年度によると、マンション内トラブルの第一位は生活音で38.0%と最も多く、次いで違法駐車・違法駐輪によるトラブルが28.1%、ペットの飼育によるトラブルが18.1%となっています。今回は、生活音によるトラブルを取り上げてみます。      生活音トラブルの場合、何らかの作業音など、音の原因がはっきりしている場合 […]

☆マンション管理組合の運営は、役員同士や組合員相互の意思疎通は大切なことです。

 マンションを維持管理していく中で発生する問題や課題についてしっかりと協議して合意形成をスムーズにしていくためには役員同士や組合員相互の普段からの意思疎通は大切なことです。そのためには理事会を定期的に行い話し合われた内容と結果を議事録として掲示版に掲示したり各戸に配布することが必要です。   また、マンション内のコミュニティー形成のために入居者向けのお祭りなどイベントを開催しているマンションも多く […]

☆管理会社に任せっきりにしている場合は管理会社に有利な規約になっていないか見直すことも必要

 マンションの管理規約は全ての住民が快適に生活できるように、区分所有法に基づいて建物の使い方や権利のルールなどを定めたものです。 マンションの分譲時に管理会社が中心になり作成している場合が多いですが、時代の変化に伴う生活様式の移り変わりにより管理組合は適宜、規約内容を見直し改正する必要があります。あるいは管理会社に任せっきりにしている場合は管理会社に有利な規約になっていないか見直すことも必要です。 […]

☆マンション建設後、大規模な修繕工事を行っていますか?

        マンションの「大規模修繕工事」とは長期修繕計画に基づき計画的に実施する「計画修繕工事」のうち、建物全体または複数の部位について行う大規模な修繕工事をいいます。工事の時期は多くの場合12~15年周期で行われています。 大規模修繕では主に外壁の塗装や屋上の防水、給排水管などの規模の大きな工事を実施するので、準備段階から工事完了まで一般的に4-5年かかります。そのため1-2年が任期の理事 […]

>グッドプランナーズ行政書士事務所

グッドプランナーズ行政書士事務所

「あなたの街の法律家」として、地域で起こる問題を他の専門家とも連携して、「相談」から「解決」までのワンストップサービスを目指しています。                       ➡ 相談予約電話 0426-73-3187 電話相談専用電話 0426-73-3223             

CTR IMG